しびれに注意!

しびれの基礎知識

しびれのメカニズム

しびれは正座を長時間行っている時になったり、同じ姿勢をとり続けている事でも発生します。このような状態からしびれる場合は、実は医学的にはしびれた事になっていません。医学的なしびれとは、正常の感覚がなくなって知覚に障害が発生した時の状態をいいます。

皮膚や筋肉など身体が刺激されると、刺激が情報となって末梢神経に伝わり、脳まで到達する状態が正常な刺激の伝わり方ですが、刺激のつたわる過程の末梢神経や中枢神経が障害を起こして正しく刺激が伝わらないと、ピリピリしたりビリビリとしたように感じる、異常な状態が医学的なしびれている状態です。

正座などのしびれではなく、医学的なしびれは若い人よりも高齢者に多く見られる傾向があり、しびれの原因によって自然に治ったり、慢性的なしびれとなって後遺症が発生する場合もあります。

慢性的なしびれがある場合や、しびれ以外の腰痛やめまいなどの症状がある場合は、早急に病院で見てもらう必要があります。ただ、しびれている感覚は個人の感覚によるので、病院で症状が上手く伝えられない事も多くあります。病院では危険なしびれか、安全なしびれか判断する為に、触覚や痛覚を調べたり、温度覚感覚が正常に働いているか確認し、危険な場合は治療していく必要があります。

しびれの原因は、しびれている部分やしびれの程度で、原因となる病気がある程度予測されますが、神経は全員でつながっているので、全く見当違いの部分の病気が原因で、身体の一部がしびれている場合もあります。

しびれの基礎知識

しびれの基礎知識

手のしびれ

手のしびれ

足のしびれ

足のしびれ

頭のしびれ

頭のしびれ

顔のしびれ

顔のしびれ

色々なしびれ

色々なしびれ

その他のしびれ

その他のしびれ
Copyright (C) しびれに注意! All Rights Reserved